汚れはどうやって落とす?自宅で出来るメガネのメンテナンスを覚えておこう

きれいなレンズを保つために

物が見にくいと、何かと不便なものです。そんな時、我々の助けとなってくれるメガネですが、日々使用していると自然と汚れてきてしまいます。大切なあなたのメガネ、お手入れが自己流になってはいませんか?長く、きれいに使うための方法をお伝えします。
汚れが目立つ部分、そのままクリーナーで乾拭きしていませんか?きれいに保つお手入れのつもりが、逆にレンズを傷をつけてしまう可能性があります。ほこりや砂などが付いたまま乾拭きしてしまうと、レンズの表面の細かい傷の原因となります。
それを防ぐためには、まず水洗い!その後、ティッシュペーパーなどで優しく拭きます。そして、最後の仕上げとしてメガネクリーナーで、拭きましょう。
メガネクリーナーもこまめに洗濯することをお勧めします。

正しいメガネの洗い方

「水洗いをしてください」と先ほどお伝えしましたが、洗い方にも気を付ける点があります。
まずは、必ず水洗いをしてください。お湯で洗ってしまうと、コート膜が剥がれる原因となります。ひどい汚れですと、洗剤も使用したくなると思います。そんな時は、台所用の中性洗剤をお勧めします。アルカリ性や酸性の洗剤の利用もまた、コート膜の劣化を招いてしまいます。
洗った後も、肝心です。水分は十分にふき取ってください。レンズに水の跡が残ると取れにくいですし、フレーム部分に水分が残っていると金属が錆ついたり、樹脂が変色・変質してしまうかもしれません。
優しく水洗い、その後しっかり拭いたピカピカメガネで、快適な生活をお送りください。