フレームが折れても大丈夫!壊れたときに頼りになるメガネの修理サービス

折れたメガネフレーム、買い替えるにはまだ早い!

おしゃれや近眼、老眼のため日常的にかける人もいるメガネですが、踏んだり、落としたりすることでフレームが折れてしまうことがあります。その場合、買い替えを検討するかもしれませんが、特にお気に入りのものは直せるものなら直したいという気持ちになるでしょう。フレームが折れただけなら自分でも修復可能だと判断し接着剤で取り付けようとするかもしれません。しかし、それにより折れた部分以外の箇所やレンズにさらなる傷ができてしまうことがあります。自分でどうにかしようとする前に、修理を引き受けてくれる専門店に相談してみることがおすすめです。フレームの種類やメガネの形状にもよりますが買い替えを考えずに済むかもしれません。

愛用のメガネは専門店でメンテナンスを

メガネフレームには大きく分けてプラスチックや金属の2種類があります。このタイプによって修理の仕方は変わってきますが、修復可能なフレームの場合は折れた部分を綺麗に直せます。また、壊れた部分の修理だけでなく、型直しや再メッキの依頼も引き受けてくれるところもあるため、この機会にメガネ全体の調整をしてもらうと良いかもしれません。フレームが直るだけでなく、かけ心地も快適になり眼への負担が減らせるでしょう。それから、このようにフレームが折れてしまったときだけでなく、定期的に専門店にてメガネの状態を確認してもらうことで長く今の眼鏡を愛用できます。新しいメガネへ替えることは、修復不可能と判断された場合や経年劣化によってこれ以上使用することが難しい場合に考えると良いでしょう。