一番安いもので大丈夫?メガネのレンズはどんな基準で選ぶべきか

1番安いものでも大丈夫なケース

以前と比べてメガネの価格自体が安くなっていて、1本だけではなく、ファッションに合わせて複数のメガネを所有しているという人も増えてきています。リーズナブルなメガネ屋さんで、1番安いレンズのメガネだとフレーム込みで1万円未満の価格で購入する事が可能です。

しかしあまりに安すぎて、その1番安いレンズを購入して、性能や耐久性は大丈夫なの?と不安に思う人もいるでしょう。結論から先に言えば、大丈夫な人と大丈夫ではない人が存在しています。大丈夫な人とは、視力がそれほど悪くない人です。1番安いメガネでもレンズが分厚くならないため、日常生活に支障はありません。そのため視力がそれほど悪くなく、メガネをかけなくても日常生活は支障がないけど、車の運転中や仕事でPCなどの細かい文字を見る時だけ、メガネをかけたいという人にお勧めです。

1番安いものだと大丈夫ではないケース

では次に、メガネを選ぶ時に1番安いレンズを選ぶと大丈夫ではないケースを紹介します。視力が悪い人は、視力に合わせてレンズを選ぶと1番安いレンズだとかなり分厚くなってしまいます。そのためレンズを薄くする技術を用いている高性能で高額なレンズを選ぶ必要があります。 見た目が不格好でも1番安いレンズで、分厚いメガネでいいと思う人もいるかもしれません。しかしレンズが分厚いと、長時間メガネをかけるとメガネを支える鼻や耳が痛くなってしまいます。そのため視力の度数に合わせて、レンズは価格重視ではなく自分に合ったメガネを選ぶ事をお勧めします。 また追加オプションとして、ブルーライトカット用レンズや紫外線カット用レンズを付けると、利便性が加わる分レンズの価格も高くなります。 そのため自分のライフスタイルに合わせて、メガネは選びましょう。